杉並区 東高円寺 市原ボディケアラボラトリー
市原ボディケアラボラトリーと、神田西口整骨院の症例をこちらで紹介していきます。あなたに似た症状がありましたら、一度治療にいらしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産後の骨盤の開きと背部痛


出産後の骨盤の開きと背部痛

No.027 出産後の骨盤の開きと背部痛
整骨 京王多摩川 No.1244 背部痛 30代女性

症状:
昨年(08年)11月に出産した。2ヶ月ほどたち出産前より骨盤の開きが大きく感じた(見た目)。又、子供を抱くことも多くなり肩~背部にかけて凝りや張り感が強く出てきた。

姿勢・動作の観察:
身体のバランスは右を向くような感じで身体全体が捻じれ右に体重が偏ってのっている。胸椎上部レベルにて背骨の生理的なカーブが減少しストレートの状態で可動性が失われている。

動的検査:
産後、ホルモンバランスの関係などにより関節が安定性を保つまでに時間が掛かるが、身体のバランスの崩れや育児などが多忙なため疲労が溜まり、肩~背部にかけての凝り、張り感が強くでてきたと思われる。胸椎上部の可動性減少も症状を誘発させる原因になっている。

治療:
肩~背部にかけてかなり筋緊張が強く出ているので、両上肢と合わせて筋肉のトリートメントをおこなう。その後骨盤、頚胸移行部(肩のライン)の調整をして終了。

予後:治療計画
週1回のペースで施術した。3回目の来院時には、本人から出産前の骨盤に似てきた感じがすると言ってきた。肩~背部の筋緊張は多少軽減はあるが、時間が掛かる問題である事を本人に伝た。育児などで疲労が溜まることは、身体バランスを崩す原因になるので、骨盤が安定するまでは2週間に1回のペースで来院し、状態を診ながら間隔をきめていく。自宅ではソファーなど柔らかいものには長時間座らない。骨盤の歪まないよう、子供を抱き上げるときは正面に立ち、膝を使い立ち上がるよう指導した。また、骨盤の解剖、運動生理学などを解り易く、不安に思っている事をある程度理解するまで説明した。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!
スポンサーサイト

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://iblsyourei.blog23.fc2.com/tb.php/29-a027486f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。