杉並区 東高円寺 市原ボディケアラボラトリー
市原ボディケアラボラトリーと、神田西口整骨院の症例をこちらで紹介していきます。あなたに似た症状がありましたら、一度治療にいらしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形外科で異常なしと言われた股関節の痛み

整形外科で異常なしと言われた股関節の痛み



No.044 整形外科で異常なしと言われた股関節の痛み
整骨 神田No.1337 股関節  50代女性

症状:
両股関節(特に右)の痛み。6年前に急に痛くなり、しばらくすると治る。これを繰り返すうち、2,3年前から痛みが取れなくなる。整形外科を受診しても異常なしと言われる。ただし右の股関節を受ける皿の部分(寛骨臼)が浅いと言われた。今回は歩くときに痛みが増してきたため来院。

姿勢・動作の観察:
股関節を曲げると痛みが出る。また、右膝を曲げると20~30°で太ももの前側に痛み。右の中臀筋、腸骨筋に弱化が見られる。右の骨盤が後ろに傾き、動きが悪く、更に右脚が短い。

評価・分析・解釈:
右の骨盤の歪みによって右脚が短いことにより、右の股関節に通常より大きな負荷がかかっていると思われた。右の臀部や腰全体の筋肉の固さもあることから、ここを中心に施術することで改善がみられるはずと判断した。

治療:
電気治療の後、手で腰と臀部(特に右)をほぐしていく。さらに右骨盤が後ろに倒れているので、ここを手のひらでゆっくり矯正し、動きを出していく。この段階で一度立ってもらうと、右股関節の痛みは殆ど消失し、驚いていた。さらに今度は左股関節周りの筋肉をほぐし、仰向けになってお腹、太ももの筋肉を緩めてから、最後に痛くなる原因について考えを話し、姿勢指導をした。

予後:治療計画
右股関節の痛みが一度の施術で殆ど消えたことに驚きを隠せないようだった。そうなると逆に左の股関節の痛みが気になり始めたが、2、3回目の施術でそれも消えた。現在は股関節ではなく肩のこり、痛みを中心に施術するため通っているが、股関節の痛みは再発していない。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

スポンサーサイト

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

首を反らすたびに背中に走る激痛

首を反らすたびに背中に走る激痛



No.043 首を反らすたびに背中に走る激痛

整骨 神田No.1106 首・背中  30代男性

症状:
昨日から首に違和感があったが、今朝起きようと枕から頭を持ち上げようとすると激痛が背中に走る。左の首から背中にかけてカチカチで首が廻らない。多分寝違えではないかと思う。

姿勢・動作の観察:
体は全体的に右に傾いていて猫背が酷く、頭が体よりも前方に移動し、首は前面から顎にかけての緊張が強い。左の僧帽筋が緊張して左肩が盛り上がっている。

評価・分析・解釈:
首を後ろに反らすと首の付け根に強い痛みを訴える。首を左に回しその状態から後ろに反らしたとき最も痛みを訴える。また首を前に倒すと背中の下のほうに痛みがでる。

治療:
体前面の筋肉の緊張をとるために大腰筋や腸骨筋、胸鎖乳突筋と頚椎から後頭部につく後頭下筋群、口を閉じるための筋肉をほぐした後、上部頚椎、上部胸椎を徒手で矯正。矯正器具で下あごを左から右に受けて矯正する。首の付け根の痛みは眼球運動の問題でよく痛みが出る部分なので眼球運動の調整を行う。

予後:治療計画
首を後ろに反らしてもらうと首の付け根にあった強い痛みがなく、前に倒したときの痛みもなくなる。痛み以外に朝からずっと視界がぼやけていたが今は、はっきり見えるようになったと喜んでいた。


杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

猫背が原因の腰痛

猫背が原因の腰痛



No.042 猫背が原因の腰痛
整骨 神田No.1348 腰  30代女性

症状:
慢性の腰痛があり、年に2,3回、かなり痛くなる。今回も痛くなったのだが、少し痛みが回復してきたところで来院。腰に張っている感じがある。仕事は座り仕事で、運動はウォーキングを週に1,2回している。おなかの調子も悪い。

姿勢・動作の観察:
立っても寝ても、かなり猫背に見える。腰を反らそうとしても、角度が然程いかないし、手で圧迫しても腰椎の弾力性が少ない。両手で背中を押すと、簡単にぼきぼきっと音がしたのでびっくりしていた。

評価・分析・解釈:
仕事中、さらに普段からも猫背なことで、腰も自然に丸くなり、内臓を圧迫しているようだ。また腰が伸ばせなくなってきていることで、姿勢を維持するために、筋肉に余計な負担をかけていることで、背中の筋肉全体に疲労感が溜まってきているようだ。

治療:
電気治療の後、手で腰と脚(2回目以降は背中)をほぐしていく。さらに骨盤が後ろに倒れているところを手のひらでゆっくり矯正し、腰を伸ばす運動(マッケンジー体操)をしてもらう。最後に痛くなる原因について考えを話し、姿勢指導をした。

予後:治療計画
数日後に来院されたとき、治療翌日からすっきり軽くなったと驚いていた。姿勢が良くなれば予防になりますよと告げると、身長が伸びるかもしれないと喜んでいた。


杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

重い物を持った後の腰痛

重い物を持った後の腰痛<br />



No.041 重い物を持った後の腰痛

整骨 神田No.1170 腰  40代女性

症状:
2週間前の土曜日に会社の引越しを手伝い、重い書類の束を持ったりデスク移動したりしていたら腰がだんだん重くなり、翌日になってベッドから起き上がるのも困難なほど痛くなる。何とか会社まで来たはいいが、座っているうちにだんだん腰が重だるくなり昼には二進も三進も行かなくなって当院に受診された。

姿勢・動作の観察:
骨盤は右に傾き方は左が盛り上がっている。腰部は左の腰から臀部にかけて筋肉の緊張が強い。頚部は左の僧帽筋と胸鎖乳突筋 の緊張が強く、後頭部と頚椎につく後頭下筋群は右側が緊張している。全体的に右に倒れるのを防ぐような形で下肢上肢とも緊張している。

評価・分析・解釈:
体を前屈みにすると痛みが増し、後ろに反らすと幾分楽になる。腰椎から来る痛みか骨盤から来る痛みかを鑑別するために骨盤を固定した状態で前屈して頂くと痛みが無い。筋力検査では左の大腰筋と中殿筋が弱く、抵抗運動時に痛みを訴える。

治療:
筋力検査で弱かった左の大腰筋や中殿筋を強化するために刺激を加え、大きくずれていた骨盤を矯正するために仙骨を後ろから前方へ左から右へ矯正し、一番下の腰椎(L5)を矯正する。

予後:治療計画
再び立っていただき前屈みになると施術前までは何かにつかまらなければ痛くて前屈出来なかったのが、施術終了後は問題なく前屈出来るようになり驚いた様子。腰痛の治療は2回ほどで終了したので現在はもともと酷かった肩や首の痛みの治療で来院中。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

重い腰痛と口を開けたときの顎の痛み

重い腰痛と口を開けたときの顎の痛み



No.039 重い腰痛と口を開けたときの顎の痛み
整骨 神田No.1162 腰・顎  40代女性

症状:
20年前に交通事故で腰椎椎間関節が亜脱臼する。
その後プレート固定の手術や骨移植の手術をしたが以来、腰を反らすと痛み、
胡坐もかけなくなった。そして今から2ヶ月前からあたりから腰痛が出始め、
それを放っておいたら背中から首に痛みが広がり、最近は口まで、
あけるたびに音が鳴り痛むようになった。

姿勢・動作の観察:
腰の可動性を検査すると、後ろに反らすと痛みと詰まり感を訴える。
首を後ろに反らす可動性の減少と胸鎖乳突筋と両肩に痛みを訴える。 
口を開けていただくと開口の初期段階で左に大きくスライドすると共に「ゴリッ」と言う音がする。

評価・分析・解釈:
歩く分には問題ないが走るような動作をさせると恥骨の上部辺に痛みを訴える。

治療:
腰を反らしたときの痛みは体の前面の筋肉の緊張が強いために
体を後ろに反らせないのが原因。体の前面の筋肉が固くなるのは
顎の筋肉が異常に張っているのが原因。まず、顎を閉じる筋肉の緊張を取る為にほぐし、
次いで下顎を左から右へアクティベーターで矯正する。
顎の影響を最も受けるのが首と頭蓋骨なので、頚椎と蝶形骨と後頭骨を徒手で矯正する。
最後に体の前面の筋肉(大腰筋、腸骨筋)を緩めて骨盤を支える筋肉
(中臀筋)を強化すべく刺激を加え、
腰椎の5番、4番と骨盤をアクティベーターで矯正する。

予後:治療計画
腰を後ろに反らすと痛かった痛みが無くなり、胡坐がかけるようになった。
首から肩にかけての酷い凝りも無くなり、顎を開けやすくなった。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。