杉並区 東高円寺 市原ボディケアラボラトリー
市原ボディケアラボラトリーと、神田西口整骨院の症例をこちらで紹介していきます。あなたに似た症状がありましたら、一度治療にいらしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸が上手く出来ない
No.040 呼吸が上手く出来ない
カイロプラクティック 東高円寺 No.01112309 その他  20代女性

症状:
特にこれという痛みは無く、肩のはりを感じる程度である。フルートの演奏をしており「上手に息が体全体に入ってこない」と言う事。演奏でのパフォーマンス低下に不安感を感じており呼吸が上手く出来るようになりたいとの事。

姿勢・動作の観察:
背中の弾力性が欠如しており、やや猫背で右凸の側弯を強く持っている。両肩も前に入り、肩のライン自体も下がって固定している。

評価・分析・解釈:
胸郭自体の動きに制限が掛かっているため、呼吸の浅さを感じていると思われる。呼吸に合わせて生じる仙骨動きにも制限を感じる。

治療:
仙骨にアプローチをかけ、背骨のバランスが正中へ寄ったことを確かめ、左右の胸郭の運動を回復させるようにアプローチした。

予後:治療計画
呼期・吸期時の胸郭の動きが出た。肩のラインも上がり、呼吸がしやすくなった。固まりやすい器質は持っているため、予防とメンテナンスのため次回来院を指導した。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

腰椎分離症を抱えた腰痛

腰椎分離症を抱えた腰痛



No.037 腰椎分離症を抱えた腰痛
カイロプラクティック 東高円寺 No.0112576 腰痛  30代男性

症状:
厨房で料理を作っているため、長時間の立ち仕事をしている。
5年前くらいに分離症の診断を受けている。
その時は、10回くらいカイロ(他院)へ通って症状が治った。
暫く安定していたのに、だんだん腰痛が強くなってきたため、来院した。

姿勢・動作の観察:
骨盤の右前方への捻りを中心に、上体は右へスウィングし、
下肢は左荷重で右下肢は膝をやや曲げた形で立っていた。
下部腰椎は伸展傾向にあることが観察された。骨盤、腰椎を中心に、可動制限が確認された。

評価・分析・解釈:
立位姿勢で観察された形は、厨房での立ち姿勢そのものであった。
腰椎の運動制限により仕事での立ち姿勢で腰仙移行部に伸展ストレスが強くかかったと考えられた。
腰仙移行部の伸展ストレスを取り除くことが、回復への鍵になると考えられた。

治療:
骨盤と腰椎可動制限を改善した。その他、胸椎・頚椎の可動制限を改善し、
全身的にバランスを回復させた。

予後:治療計画
1回の施術で症状は消失した。しかし、腰椎の可動制限と体の捻れの安定には、
継続的な治療と観察が必要な為、継続的に治療中である。
現在7回目の治療で、関節可動制限と体の捻れは安定し、3週間の治療期間で来院中である。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

咳をした時に発症した腰痛

咳をした時に発症した腰痛



No.036 咳をした時に発症した腰痛
カイロプラクティック 東高円寺 No.0112082 腰痛  30代男性

症状:
3週間前に中腰で咳をしたとたん、腰に激痛が走り動けなくなってしまった。
数日は安静を保ち多少回復したところで、痛みを抱えながら仕事に復帰した。
しかし、腰の右下部に痛みが強くなってきて、来院となった。

姿勢・動作の観察:
仕事や私生活で形成された、下部腰椎の右凸側弯形状が、
中腰の姿勢で咳をした時に強く押し出され、更に形状を強めてしまった。
またそのときにブレーキをかけた右の筋肉が損傷を受け同時に椎間関節も制限を受けるまでに至り、
損傷を受けた筋からストレスが抜けない状況が形成された。関節の可動を回復させることにより、
損傷を受けた軟部組織にゆとりを作り、回復の軌道に乗せることが必要だと考えられた。

評価・分析・解釈:
長時間に渡るデスクワークが、今回の症状を発生させたと考えられた。
仕事でのほぼ決まった姿勢が、骨格の形状を不自然な状態に安定させてしまった。
その不自然なバランスで生活しようとすることで、不自然な筋緊張が持続されていると考えられた。

治療:
下部腰椎の可動制限を回復させ、全身的なバランスを調整した。

予後:治療計画
3回の治療で、症状は治まった。しかし、腰椎の可動性安定には暫くかかると思われた。
継続して治療を行っている。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

腰部椎間板ヘルニアを伴う慢性腰痛から急性腰痛の発生

腰部椎間板ヘルニアを伴う慢性腰痛から急性腰痛の発生



No.032 腰部椎間板ヘルニアを伴う慢性腰痛から急性腰痛の発生
カイロプラクティック 東高円寺 No.0112636 腰痛  30代男性

症状:
昨年の秋頃に脚への痺れと殿部の痛みがひどく、整形外科を受診した。MRIで椎間板ヘルニアの診断を受けた。しかし、その後改善はなく、整骨院(他院)の治療を受け少し調子が上がったと思ったら、1週間前から腰痛が悪化し、鍼灸治療も受けたが改善しない。

姿勢・動作の観察:
痛みは腰部から骨盤にかけて広範囲に出現。ピンポイントで示すことが出来なかった。逃避姿勢が著明に現れ、動くのがとても辛そうな状態で来院。骨盤は右へ胸郭は左へスウィングした逃避姿勢であった。腰椎はL3/L4/L5で右凸の急なカーブを呈していた。痛みのため体幹の前屈はできない。下肢への痺れはない。

評価・分析・解釈:
ヘルニアの存在により、上手く動けなくなっている腰部に、何らかの負担がかかったと考えられた。ヘルニアがあるにも拘わらず、調子が良いと加減無く動かしてしまう。特に、受傷してから期間があまりたっていないと、症状が楽になっている場合でも、組織が安定しておらず、損傷しやすい。

治療:
初日の施術では、逃避姿勢により崩したバランスを回復させるように、骨盤・胸腰移行部・胸椎の歪みを改善させた。マッケンジーテクニックを下部腰椎に施した。翌日に2回目の施術を行った。逃避姿勢は殆ど消失していた。骨盤と頚椎をメインとして施術を行った。

予後:治療計画
来院するまでは悪化の状況を呈していた腰痛に歯止めがかかり、回復へ転じた。順調に回復軌道へ乗ったと観察された。日にちを徐々に開け、施術を継続する。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

左肩の痛み

左肩の痛み

No.029 左肩の痛み
カイロプラクティック 神田No.1130 肩痛 30代女性

症状:
昨日から首を後ろにそらすと左の肩が痛くなる。また髪の毛を乾かすために、長時間ドライヤーを持ったりすると左の肩が痛くなる。

姿勢・動作の観察:
首を後ろに反らしてもらうと5度程で左肩から首の付け根にかけて痛みを訴える。 両腕を挙げて耳につけさせてみると、左が若干挙げ辛そうに見えた。肩を回してみると左、鎖骨肩峰端にクリック音がある。棘上筋、三角筋前部、烏口腕筋、上腕筋、腕橈骨筋の筋力検査を行うと左側が全て右より弱く痛みを伴う。左の棘上筋を軽く押してみると圧痛を訴える。

動的検査:
一見訴える部位が首に近いので首の痛みのように思えるが、実際は左肩の問題だと思われる。胸鎖関節や肩甲上腕関節と下部頚椎の動きが悪く、周囲の筋肉も緊張している。肩周りの関節と筋肉がともに動きが悪くなっていることが首の付け根の痛みになったと思われる。

治療:
左の小円筋、棘上筋、小胸筋、三角筋前部、鳥口腕筋、上腕筋、腕橈骨筋、上腕三等筋、前鋸筋等の腕肩帯から前腕にかけて屈筋群をメインにほぐしていく。  次に左の内方かつ上方にずれた鎖骨近位端と遠位端を徒手で矯正し、内旋した上腕骨、外転した肩甲骨と鳥口突起をアクティベーターという矯正器具を使って矯正する。

予後:治療計画
施術終了後、伸展角度が増大して腕を挙げた時のクリック音が消失した。首を殆ど触らずに肩だけ治療してあれほど痛かった首の痛みが消失したことに患者さんはかなり驚いていた。

杉並区,東高円寺→市原ボディケアラボラトリ へどうぞ!
千代田区,神田→神田西口整骨院 へどうぞ!

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。